民進党が希望の党と合流するらしいけど自民党には勝てない。

f:id:akaglasss:20170927221830p:plain

お疲れ様です。民進党が希望の党に合流する報道が流れました。

www.news24.jp

民進党としては新興勢力と手を組みながらでも勢力を拡大したいため希望の党と組んだのでしょうか、そして希望の党も比較的リベラル色のある民進党を吸収して得票数を稼ぎたいということでしょうか。

少なくともこの件について感じたことを羅列していきます。

  1. 都知事としての小池百合子氏の責任は?
  2. 日本でリベラル政党が共産党のみになる恐れ
  3. 希望の党は多分自民党には勝つことができない

1 都知事としての小池百合子氏の責任は?

小池氏は東京都知事の職についてから築地市場から豊洲市場への移転について、間違った政治判断を行い、多額の損失を出してしまいました。1年余りで都知事を辞任してしまう場合、都知事選で述べたことは何だったのかと言われるでしょう。

2 日本でリベラル政党が共産党のみになる恐れ

そもそも希望の党と民進党は基本理念から異なっています。消費税引き上げの是非や憲法改正の考え方など、合流して与党になっても、分裂してしまうリスクが非常に高いです。

さらに、希望の党を中心に置く場合、自民党との差別化を図るのが難しくなってしまいます。自民党も希望の党も保守政党であるため、リベラル派の有権者が希望の党に投票するインセンティブが皆無だと考えます。「反自民」で民進党に投票していたリベラル派の有権者が、共産党へ投票するだけです。

3 希望の党は自民党に勝てない

TVでは小池知事が自民党の対抗馬となると報道していますが、そもそも小池氏の人気が高いのは「東京という日本の一地方」のみです。東京では熱狂的な人気があるのかもしれませんが、「日本=東京」ではありません。大手マスメディアは地方をよく無視しますが、希望の党が衆院選で勝つには九州や北海道での小池氏への人気が必要ですが、少なくとも私が住む北海道では小池氏への人気は皆無に等しいです。

ここからは私の予想になりますが、希望の党が地方の票を稼ぐ材料が乏しく、そのなかに民進党が入り込んだとしても、そもそも民進党は不人気ですので、議席を伸ばすのは厳しいと思います。

ここからは追記になりますが、個人的はにはあまり自民党には大勝してほしくないです。理由は、自民党の憲法草案と安倍首相の憲法9条改正について、私は賛成できないからです。正直、このまま自民党が国会での議席を獲得している状態は、野党のチェック機能が働かないから政治に緊張感がないんですよね。だから、麻生大臣や閣僚から失言がたくさん出てくるようになっています。私はそのような状態は好ましくないと考えます。